9/12 タッチの差

どーも。ちょっと本音で書くミナージュです。

いい物件やな~。踏ん切りがな~。でもな~決めたいな~。

どうしようかな~?

よしっ!

って決めた時にはすでに別で申し込みが入ってること

ホンマにあるんです。

不動産って同じものが一つとしてありません。

”無くなったら無くなったで。”

こう割り切れる方は問題ありません。

がそうでない人はスピードは大事なんですって話をしますね。

(※こと京都においてのお話です。極端に売り物件が少ない地域でのお話。)

実は希望の条件に合う物件ってそうそうにないはずです。

自身が「決めれるかも」と思う物件っていくつも出てきません。

出会った瞬間にいけるかどうか?

そのために不動産屋さんはあなたの希望条件と今後の生活を想像して

その物件をご案内しているはずです。

あなたの希望にそぐわない物件であれば必ず言ってくれるはず。

プロの不動産屋さんが

「いいんじゃないですか?」

って勧めててくれる物件って基本は信用していいと。

最終はもちろんご自身です。

が決める瞬間のスピードって実は本当に大事で

良いって思う物件は他の人ももちろん良いって思ってるわけです。

自身だけがお客様じゃない。

自身だけがその物件を見てるわけじゃない。

駆け引き等をしようとするお客様もいらっしゃいますが

そんなものは効果ありません。

(※交渉事は不動産屋さんがいけるかどうか把握しているものだからぶっちゃけ聞いてたら教えてくれます。ここもわかっていないような担当はやめたほうがいいです。)

何年も売れずに残ってるような物件については効果あるかもしれませんが

相場通りのいい物件においては駆け引きなんて通用しません。

タッチの差。

今年に入って 何人の方が涙を飲まれたことか。

場所が決まっている

金額が決まっている

広さが決まっている

その物件があなたの条件に合致するならスピードをもって進めていいと思います。

とはいえ

相場から逸脱していない希望条件なら

いつかきっと出てきます。

僕は2年半で見つかりました。

どうか不動産屋さんを頼ってください。

考える場所にどうぞ一緒にいさせてください。

一生の買い物。

一生おそばにおりますので。

信用できない会社さん(営業マン)か?

信用できる会社さん(営業マン)か?

ここの見極めがすごく大事ですが

ホームページや運営、お話すればきっとわかるはずです。

皆さんが良い不動産屋さんと出会えて、良い物件に巡り合うことを

願っています。

いやホンマやで^^

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする